赤帽広島 アロハ急便

赤帽 アロハ急便 広島

グルメ情報・旅情報 満載! コラム風に書き下ろします。

赤帽 アロハ急便 広島
急送・引越し・海外ハンドキャリー は 赤帽アロハ急便へ

新着書き込み

   広島・地蔵通りにある喫茶「器」うつわ   香川(高松)本場の讃岐うどんを喰らう!   新大阪駅(新幹線)の立ち食いうどん・そば   広島市中区舟入南にあるレストラン&喫茶「シャンボール」   徳川お好み焼き(広島)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「男たちの大和・YAMATO」広島県尾道市向島町<映画大和のロケセット>

「男たちの大和・YAMATO」の映画の戦艦大和ロケセットを見学する!広島「尾道市向島町」
向島大和
映画「男たちの大和・YAMATO」は、2005年12月17(土)全国東映系ロードショーで上映される。
この映画の撮影を広島の尾道市向島町「日立造船向島西工場」で世界最大最強の戦艦大和に乗り合わせた男たちの運命をドラマティックに、またスケール豊かに描く為に原寸大で再現されそして撮影された。そして撮影終了後には一般公開された。

映画ロケセット一般公開は、2005年7月17日から2006年3月31日の間で、会場は、広島県尾道市向島町の「日立造船向島西工場」内で全長190Mにも及ぶ、原寸大の「戦艦大和」のロケセットを建設し、撮影され終了後一般公開した。
ロケセットの会場に、行くには尾道大橋を渡って行くパターンとしまなみ海道を利用して行くパターンがある。
それに、尾道駅前から渡し船で向島に渡るパターンとがある。私は、車で行で行ったが、渡し船のパターンを選択した。JR尾道駅の近くに、海側(尾道水道)の通りにコイン100円パーキングが、在ったので(20分が100円)其処に止め、近くにあった渡し船に乗って会場を目指した。渡し船は、3ヵ所ないし4ヵ所位あり大変便利でありしかも安い。私が、乗った100円のコインパーキングの近くにあった渡し船は、大人60円と格安で軽トラックは運転手込みで90円である。向島は、目と鼻先で渡し船の所要時間は、約5分足らずですぐ着く。そこから歩いて約7分~8分位で到着する。日立造船向島西工場のすぐたもとにも船着場があった。帰りには、楽なのでここで乗ろうと思った。実際に帰りは、ここから乗った。ここからだと少し距離があるので100円したが、しかし安い。

日立造船向島西工場に着くとそこから戦艦大和ロケセットがある会場には、歩いて行く事は出来ずシャトルバスに乗って行く。車で来た人は、そこに車を止めシャトルバスに乗り換えて行く。しかし駐車代が要り普通車(200円)、バス(500円)であるが、シャトルバスは無料である。所要時間は2分足らずで着く。そして世界最大・最強の戦艦「大和」の原寸大のスケールの大きな雄姿に出くわす。
入場料は、大人500円であった。戦艦大和の実際の全長は263Mで、そのうちの190M部分を原寸大で再現されているので迫力満点で大和の凄さを感じた。
平日にもかかわらず見学客は、そこそこいて人気のスポットである。
ほとんどの人達が、大和の雄姿をバックに写真を撮っていた。
世界最大・最強の戦艦大和は、昭和16年12月に広島の呉の海軍工廠で極秘裏の内に完成された。

戦艦大和ロケセットは、全長約190M、高さ約15M、全幅最大約40Mであり擬装は、第二主砲塔・九六式3連装25ミリ対空機銃・8メートル側距儀・八九式40口径12.7センチ連装高角砲・艦橋部、左舷機銃群・・・・その他
工事着工日は、2004年12月20日に始まり2005年3月25日に完成した。撮影は翌日の3月26日から始まり約3ヶ月以上もの撮影をした。そして最新のCG・デジタルの合成作業を経て待ちに待った映画の上映は、2005年12月17日から全国東映系にてロードショーされる。

ロケセットの他に資料展示棟があり、戦艦大和内のロケセットや撮影で使用された衣装、メーキングビデオの放映がある。
「圭ちゃん食堂」は、キャスト・スタッフたちが、毎日ここで食事をした食堂をそのまま使いオープンした。
物販コーナーもあり、ここでは「男たちの大和/YAMATO」関連グッズ・お土産品などを販売されていた。
そしてシャトルバスに乗り会場を後にした。



スポンサーサイト

広島とタイのバンコクを結ぶ直行便が2005年12月2日就航!

広島とタイを結ぶ直行便が2005年12月2日就航!天使の都バンコクへ直行!平和から楽園へ!平和都市広島と熱帯の楽園タイを結ぶ、バンコクエアウェイズの直行便が2005年12月2日に就航する。
乗り継ぎ、経由なしの快適なフライトで5時間30分の快適な空の旅でタイのバンコクに到着。タイ・バンコクがこれにより大変身近になる。
もちろんアジアンムード溢れる機内では、きめ細やかな行き届いたサービスでおもてなし。タイへのお出かけは、広島からダイレクトアクセスのバンコクエアウェイズのフライトで、安心で快適な空の旅を満喫することでしょう。世界8ヶ国22都市を結ぶバンコクエアウェイズで。微笑みの国・タイランドで会いましょう。

フライトスケジュールは、毎週月・水・金曜日運航。PG412便<広島発09:00~バンコク着12:30> PG411便<バンコク発00:40~広島着08:00> エアバスA320-232型機で運航。 

広島の京橋川沿い「水辺のオープンカフェ」

広島に新スポット・新名所「水辺のオープンカフェ」!
水辺のオープンカフェ
河岸緑地で全国初の常設型の「水辺のオープンカフェ」が広島の京橋川沿いにオープンした!
都心部の川面を見ながら、飲食を楽しみながら川からの清々しい風を浴びるとすごく爽やかな気分になる「水辺のオープンカフェ」!
「水の都ひろしま」を目指す構想で広島市中区の京橋川の稲荷大橋西詰めに個性派の4店舗がオープンした。
廿日市市のカキ養殖業者が地場の新鮮なカキや魚介類を提供するカキ魚介専門店・トムヤンクンやチリなど多国籍スープを提供する食べるスープ専門店・夜はカクテルも提供する軽食専門店・馬刺しや馬肉しゃぶしゃぶを提供する鉄板焼き店の4店舗である。

私は、オープンして間もない2005年10月24日の夕方に行って見た。「食べるスープ専門店」だと思うのだが、其処の店に入りブレンドコーヒー(税込み350円)を頼んだ。
席は、常設店舗の一角もすごく開放的なのだが、更に開放的な外(川沿いのオープンスペース)でコーヒーを楽しんだ。
水辺の開放感を堪能でき、時より川風が吹き全身で爽やかな、清々しい風を感じとても気持ち良い。川風が、デーザートな感じでとても贅沢な水辺の開放感である。川の都ひろしまにピッタリである。
水際のオープンカフェ
京橋川沿いの河岸緑地は、とてもお洒落な、洒落た「水辺のオープンカフェ」で、ヨーロッパの雰囲気を感じさせてくれる。あまりにもお洒落なのでアベックにピッタリで、デートコースに最適である。夜は、ライトアップもされ一段と上質なヨーロッパ風になる。お洒落な大人の落ち着いた雰囲気のあるスペースとなる。
これはこれで良いのだが、泥臭い庶民的な、気兼ねのない開放的な昔ながらの屋台も良いのだが。気さくな屋台街を次回は、博多の中洲にある様な庶民的な屋台街を造って欲しい。
営業時間は、午前11時~午後10時30分(店舗や季節により異なる)

広島の河岸緑地に「水辺のオープンカフェ」2005年10月20日(木)午後1時オープン!

広島「水辺のオープンカフェ」 10月20日(木)午後1時オープン!京橋川沿いに4店舗のお洒落な常設型オープンカフェ!
京橋川沿いの河岸緑地で全国初の常設型「水辺のオープンカフェ」が遂にオープンした。「水辺のオープンカフェ」の場所は、京橋川沿いの河岸緑地の一角に在り、JR広島駅から近く歩いて約12分~13分位の所に在り、八丁堀・紙屋町の繁華街にも近く、とても便利な場所にある。西日本有数の夜の歓楽街、流川・薬研堀にも近く、何処へ行くにも大変便利な場所にある。京橋川に架かる稲荷大橋のたもとに在り、路面電車の通りから近くわかり易い場所に在る。

広島が始めての人は、JR広島駅の前から広島電鉄が運営している路面電車に乗って、稲荷町の電停か銀山町の電停で降りると良い。そっから歩いて約2分位の所に在り、わかり易いと思う。路面電車沿いにあるのですぐ判ると思う。

風光明媚な瀬戸内海、川のある都「広島」、水(川)と緑、海と山に恵まれた広島。特に六つの川に恵まれた「水の都ひろしま」。
水辺の開放感を生かした、オシャレな常設型のオープンカフェ!京橋川沿いに4店舗のおしゃれな飲食店がオープンした。
オシャレな4店舗は、「オイスターカフェ」・「軽食専門店」・「鉄板焼き店」・「食べるスープ専門店」で上質で落ち着いた雰囲気のあるお店である。水と緑に囲まれた風情のある空間で夜にはライトアップされ益々洒落た大人のオープンカフェである。粋で広島の川沿いの河岸緑地にピッタリで、落ち着いた雰囲気のある空間で洒落た、お洒落で大人の常設型のオープンカフェで、今までの屋台とは一味、違った雰囲気である。

この常設型のオープンカフェは、屋台と言うよりか、お店と言った方が相応しい。とても素敵な空間を演出されている。これはこれで良いのだが、庶民的な屋台もこれまた必要で是非とも次回は、屋台が沢山集まった屋台街の空間を提供して欲しい!この素朴な、開放感たっぷりで昔ながらの雰囲気、庶民的な屋台を川沿いの河岸緑地に早急に出店をして欲しい!また特に広島らしさをアピールするには、広島の「お好み焼き」が20店舗位集まった屋台街のスペースを提供するべきである。広島風のお好み焼きを焼くには、屋台では無理があるのでこれは、常設型のオープンカフェのパターンでやれば良い。いずれにしても川(水)と緑に囲まれた風情で風光明媚な「水の都ひろしま」にピッタリである!

「男たちの大和」向島(広島)ロケ地で早くも入場者数25万人を突破!

「男たちの大和」向島ロケ地2005年10月18日に入場者数25万人を早くも達成!

順風満帆に東映映画「男たちの大和・YAMATO」のロケ地のセットの入場者が2005年10月18日に、当初の目標の25万人を早くも達成した。市など6団体で構成されている大和ロケセット公開推進委員会は、2005年7月17日からロケセットを一般公開した。
公開期間の2006年3月末までに25万人達成を目標にしていたが、約3ヶ月でスピード達成してしまった。予定よりも5ヶ月以上も早く、入場者は8月下旬に10万人を突破し9月以降も団体客が相次ぎ、9千人以上が訪れる日もあり10月15日には、観光バスの入場台数が過去最高の47台を記録し根強い人気に大和ロケセット公開推進委員会は、来年の黄金週間(ゴールデンウィーク)まで公開期間延長を検討している。

東映映画「男たちの大和・YAMATO」のロケセットは、広島県の尾道市向島町の日立造船向島西工場にある。
総工費約6億円を費やし、原寸大(1/1)の巨大ロケセットが2005年の3月に完成され、6月まで撮影がされていた。
「男たちの大和」の上映は2005年12月17日に全国東映系で上映される。
世界最大級の戦艦「大和」が完成したのは、太平洋戦争開戦直後の昭和16年(1941年)12月16日のことである。
不沈艦「大和」は、4年余りの歳月をかけ広島県呉市の海軍工廠で極秘で建造された。しかしながら最初で最後の水上特攻となり運命の昭和20年4月7日を迎える。

秋も深まり秋の行楽シーズンとなり益々迫力ある原寸大の大和の巨大ロケセットに見学者が増えるだろう。また東映映画「男たちの大和」が上映されれば、拍車がかかりこのうえない人出で賑わうにちがいない。既に大和の巨大ロケセットを見学された人にとっては、映画が上映されるのを今か今かと楽しみにされているのにちがいない!


2005酒まつり「西条」東広島市・23万人の人出

2005酒まつり 西条(東広島市)酒どころ広島!2005年10月8(土)・9(日)の2日間で広島の酒どころ東広島市で「酒まつり」が、JR西条駅周辺で行われた。
この2日間で23万人の人出で賑わった。過去最高の人出であった。
この背景には、天候にも恵まれたことと、広島の酒どころ西条の酒まつりが浸透してきたのであろう。
私も今回、初めて参加した。最近は、すっかり秋めいて清々しい季節となった。ついこの間までは、世間ではクールビズとか言っていたが。クールビズはどこえ何処やら。暑くて蒸し暑くて、夏の季節だったが過ごしやすい季節となり、もうすぐすると熱燗が美味しい季節となるのであろう。
今日、9(日曜日)は天候に恵まれて暑いぐらいである。夏日の天候である。広島の酒は美味いと全国でも有名どころで、呑み助達にとっては酒まつりは、このうえない日である。

JR西条駅に降り立つと多くの人出で賑わっていた。酒ひろばで全国から厳選された約900銘柄の酒を飲み放題で前売りで1000円(税込み)で売られている。当日券だと1500円(税込み)で売られているが、JR西条の駅構内(改札口をすぐでた所)で前売り券と同じ1000円(税込み)で売られていた。呑み助は、当日券をここで買うと500円儲かる。
JR西条駅周辺で行われていて駅のロータリーの前から賑わっている。駅前のメイン通りプールバールの両サイドは、屋台が埋め尽くしフジグランと中央公民館の前の公園広場で、酒ひろば・メイン会場があり、酒ひろばでは、全国から厳選された約900銘柄が1000円ないし1500円を出せば、好きな酒が飲み放題で飲める。かなりの人出で賑わっていた。かなりの酒ツウかただの呑み助なのか?さだかでは無いが。メイン会場では、イベントが催しされている。その周りにも屋台がたくさんありどの店も繁盛していた。

肝心要の酒蔵は、駅前のロータリーの前のメイン通りプールバールを酒ひろば・メイン会場に向かって歩いてロータリーのすぐ道を左に曲がった道が酒蔵通りとなっていてこの界隈に日本でも有数な有名な酒蔵がひしめき在っている。駅から近くに在る酒蔵を順番に言うと、西條鶴・白牡丹・亀齢・賀茂鶴・福美人・賀茂泉が在り、一際目立つのは賀茂鶴である。酒蔵の数が圧倒的に多い。この界隈が酒蔵のメインストリートでかなりの人で賑わっている。それぞれの酒造会社の酒蔵で無料で試飲できるのでお金を出してまで飲む必要もないと思うのだが。限定酒、特別酒など酒の販売や試飲販売、グイ呑みや小物の販売もある。





広島の新名所「水辺のオープンカフェ」水の都広島

広島の新名所「水辺のオープンカフェ」が、オープンする!
広島市の京橋川沿いに「水辺のオープンカフェ」が2005年10月20日に広島の名物カキのカフェやスープ料理専門店など4店舗がオープンする!
広島にも博多の中洲の屋台街があったらいいなぁ~出来たらいいなぁ~と思っている。呉市にも屋台街があるのに何故広島市には、無いのか残念で仕方が無かったがどうにか、どうやら、やっと水の都広島、風光明媚な瀬戸内海にある広島の河岸緑地に屋台街がオープンする!
博多の中洲の屋台とは違い常設店舗である。常設店舗といっても屋台感覚で自然と一体となってアウトドア感覚で馴染みやすい。
規制緩和の一環で、公共の河岸緑地に民間業者が常設の飲食店を開くのは全国でも初めてで、「水の都ひろしま」づくりを目指す広島市の要請で2004年3月に国土交通省が、広島市都心の川辺を対象に占有施設の設置と経営への民間参入を認める「特例措置適用区域の指定」をした。

JR広島駅に近く、太田川下流の広島市都心部の京橋川河岸緑地に常設店舗の「水辺のオープンカフェ」を開設する
オープンカフェは、京橋川に架かる稲荷大橋西詰めの河岸緑地に10月20日に地場の食材を生かした個性的な4店舗が開店する。
店の作りは、一区画32平方メートルで、面積の半分以上はウッドデッキで開放感があり水の都広島にマッチしており河岸の緑に川の景観と川風が和む。これから秋が深まり始め川面の秋風を感じながら、食欲の秋、味覚の秋を「水辺のオープンカフェ」で楽しみたい。

廿日市市のカキ養殖業者3社で「地御前浜商会」で直営する「オイスター・コンクラーべ牡蠣亭」は店で扱う地場の「地御前カキ」は、身が大ぶりで弾力があり、全国でも有名で評価が高い地場の「地御前カキ」を使いカキ本来の旨味を引き出す料理を出し、風光明媚な瀬戸内海の旬な魚介類も並べ、広島の地場の食材を使い味を提供する。本物のカキの美味しい味を観光客だけでなく、地元の人達にも知ってもらえる場所にしたいと意気込んでいる。

食べるスープ店「ピース・ポット」は、東洋観光が出店する。旬の野菜をスープ仕立てにして野菜の旨味を味わってもらい、チキンとキノコのクリームスープ、世界の米を混ぜ合わせたリゾット風ライススープ、オリジナル・トムヤムクンなど8種類をそろえる。
残り2店舗は、オープンカフェの背後に建つレガロホテルが経営する。
「カフェレガロ」は、昼はフレッシュジュースや手作りケーキ、オムライスなどの軽食を出し、夜になると立ち飲みのカクテルバーに変身する。
もう1店舗は、鉄板焼き「ZEN」で、食材は牛肉と魚介類の他に熊本産の馬肉のしゃぶしゃぶ、馬刺し、にぎり寿司など珍しいメニューを並べる。
川の都・水の都広島にピッタリのオープンカフェである。4店舗によって水辺に山海の旬の幸が集い、水辺を彩出るオシャレな居場所になるにちがいない。もっともっとあちこちに、出来ればいいのになぁ~!今後は屋台も必要である。屋台もいいよなぁ~!
4店舗とも、カウンター席とテーブル席合わせて13~18席。営業時間は午前11時から午後10時半までで、年内は無休。トイレは2カ所設置する。

CATEGORIES



bloog ぶろーぐ- ブログ専門検索エンジン&ランキング

ブログランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。