赤帽広島 アロハ急便

赤帽 アロハ急便 広島

グルメ情報・旅情報 満載! コラム風に書き下ろします。

赤帽 アロハ急便 広島
急送・引越し・海外ハンドキャリー は 赤帽アロハ急便へ

新着書き込み

   広島・地蔵通りにある喫茶「器」うつわ   香川(高松)本場の讃岐うどんを喰らう!   新大阪駅(新幹線)の立ち食いうどん・そば   広島市中区舟入南にあるレストラン&喫茶「シャンボール」   徳川お好み焼き(広島)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉「無煙ロースター」

焼肉について!「無煙ロースター」の登場焼肉は、炭火あるいはガス火で焼いて食べるのだが、油を含んだ煙がやっかいで、また臭いが付くのを気にしながら食べていた。
店にとっても悩みの種で、「テナント」としても嫌われ、繁華街にも出られず、「ウェートレス」を募集しても集まらず。
困っていたが、名古屋の「株式会社シンポ」が「無煙ロースター」を開発した。
これにより「テナント」からも嫌われなくなり、飛躍的に店舗の数が増えた。そして臭いを気にしながら食べていたが、臭いが付かなくなったので、客層も変わり女性や接待用として使われるようになり、政治家、財界人、芸能人が焼肉店を使うようになった。店舗もインテリアに凝る様になり高級化が進んだ。店舗文化の発展を遂げた。それまでは、「前掛け」、「フード」で対応していたが、そして「無煙ロースター」と変遷していった。しかし私は、昔ながらのやり方で「七輪」に炭火で、煙に巻かれながら、けむたい煙と一緒に食べる焼肉が一番美味しいと思う!店も昔ながらの汚いお店が美味しく感じられる!

また私は、日本の焼肉店のスタイルより韓国の焼肉店のスタイルの方が好きだ。テーブルに乗り切らないほどの「ミッパンチャン」いわゆる、小皿料理(キムチの料理)の数々。肉よりこの小皿料理、野菜のほうが多い。肉料理なのか野菜料理なのかどっちが、どっちなのか判らないほどの野菜類である。この「ミッパンチャン」が不味いと商売に差し支える。特に「トンチミ」いわゆる「ムルキムチ」のことである。これを食べるだけで「ミッパンチャン」の料理の味が判るほどである。この店の実力が、うかがえるほどである。この「ミッパンチャン」の「ミッ」は、たくさんと言う意味で「パンチャン」は惣菜と言う意味である。即ち「沢山の惣菜」と言う意味である。この「ミッパンチャン」は無料で尚且つお替りができる。嬉しいじゃありませんか。
それに、もてなしもよく「ウェートレス」が、「骨付きカルビ」を焼いてくれて「はさみ」で「チョキチョキ」と切ってくれる。このサービスも嬉しいじゃありませんか。この時に「コミュ二ケーション」が、たもたれとてもよい。韓国の焼肉店の方が楽しく、面白い、愉快である。もてなしも良く楽しませてくれる。これが韓国の焼肉料理の食文化である。

韓国の焼肉は「骨付きカルビ」が、メインでしかも「ヤンニョム」と言って肉に「タレ」を絡ませて味を付けている。それを焼いて尚且つ、たれを付けて食べる。これはこれでとても美味いが、「肉」自体の本来の味が損なわれる。日本は「肉」本来の旨味を味わう為に「タレ」を付けずに生の状態で焼いて、焼いた後に「タレ」を付けて食べる。これは、肉の鮮度が非情に影響され鮮度の良さ、品質の良さ、肉本来の旨味を物語っている。したがって、最近では韓国でも日本のこの方式を取り入れている。当然鮮度の良い、品質の良い韓国牛「韓国産」のブランド品、高級な肉に限っている。
飲み物も、韓国では焼酎で「チャミスル」焼肉を食べるが、これも肉を美味しく食べる為に焼酎を飲むそうなんだが。ビールだと腹が張るので肉が美味しく食べれないとのことらしいが、最近では日本の影響もあって、最初、冷えたビールで乾杯という様になりつつある様だ。これも、いずれ「生ビール」へと替わるのでは、ないのでしょうか?韓国では、まだ生ビール自体が普及されておらず、生ビールは専門のビアホールへ行かないとない。これも先ほど言っている様にビールだと腹が張るので肉本来の旨味、他の料理の旨味が損なわれる、料理も沢山食べれないと言う事から、どうも敬遠されている様だ。


<参考文献> 焼肉は好きですか?  著者 チョン・デソン  新潮社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://alohakyubin.blog6.fc2.com/tb.php/12-25ca8a3e

CATEGORIES



bloog ぶろーぐ- ブログ専門検索エンジン&ランキング

ブログランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。