赤帽広島 アロハ急便

赤帽 アロハ急便 広島

グルメ情報・旅情報 満載! コラム風に書き下ろします。

赤帽 アロハ急便 広島
急送・引越し・海外ハンドキャリー は 赤帽アロハ急便へ

新着書き込み

   広島・地蔵通りにある喫茶「器」うつわ   香川(高松)本場の讃岐うどんを喰らう!   新大阪駅(新幹線)の立ち食いうどん・そば   広島市中区舟入南にあるレストラン&喫茶「シャンボール」   徳川お好み焼き(広島)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三伏(サンボク)の日には「補身湯」「参鶏湯」を食べる!

狗肉(犬肉)料理「補身湯」!
三伏(サムボク)の日に韓国、朝鮮では「補身湯」、「参鶏湯」を食べる!

韓国人は、健康志向が強く「医食同源」という言葉があるぐらいで日頃、口にする食べ物は「体にいい」ものを食する。
漢方医学があるぐらいで、今や「韓方」という字があてられる位、庶民に浸透している。
韓国では、犬肉(狗肉)を食べることは、つとに有名であるが、犬を食べる文化は、アジア全般にあるようだ。
中国をはじめ、台湾、タイ、ベトナム、北朝鮮などそして日本でも赤犬を食べていた。中国から犬食文化が、伝えられた朝鮮半島全土では、犬食は長い儒教の歴史とともに、受け継がれ宮中でも食されていた。
中国の東北三省にある吉林省の延辺朝鮮族自治州の州都の延吉市は、補身湯の店が軒を連ねている様である。特にこの延吉市の犬肉料理は、格別に美味いらしい!鮮度が違う、旬である!

日本で言う、土用の丑の日(土用鰻)夏の土用の丑の日に鰻を食べ夏ばてを防止する。韓国と朝鮮では暑い盛りに、暑気払いに夏ばて防止に「狗醤」(ケチャング)すなわち「狗肉」(犬肉)と「参鶏湯」を食して精力増強、肉体衰弱の補強に、てき面の効果があるとされている。犬肉は五臓と血脈を整え、体を温め足腰の痛みの緩和、気力、精力の増強にすごぶるく良いとされていて健康維持の為に食されている。犬料理のことを、「補身湯」、「栄養湯」と呼ばれる所以である。
しかし、犬を食べることは、タブー視する人もたくさんいて、また朝鮮語では人を評価する場合「犬の様な奴」と表現され罵倒語や軽蔑語で使われ、イメージが悪いとされ「犬肉」のことを「補身湯」と呼び名をかえた。

ソウルの街にはどの位「犬料理の店」があるかというと、「鰻屋」がある位あり、蕎麦屋、寿司屋やほど多くはないが、イタリア料理、フランス料理ほど少なくない。

1988年のソウルオリンピックのとき、犬食が欧米(特にイギリス)から「犬を食べる野蛮な民族」と非難され、表通りから裏通り(路地裏)へと追いやられた。中には、廃業に追い込まれた店も少なくない。しかし、2002年のワールドカップの時は、国をあげて犬食文化「韓国固有の食文化である」をアピールし、FIFAの副会長でもある「チョン・モンジュン」氏が、これを跳ね除けた。

夏の暑い盛りのことを日本では「暑中、酷暑、盛夏、残暑」にと使いわけするが「韓国、朝鮮」では、三伏(サムボク)と表現する。すなわち「伏日」(ポクナル)が三つある。それは、「初伏(チョボク)」、「中伏(チュンボク)」、「末伏(マルボク)」のことである。これを合わせて「三伏(サムボク)」と言う。「初伏」は夏至の第三の庚の日、「中伏」は夏至の後の第四の庚の日、「末伏」は立秋の最初の庚の日のことである。これを「三伏の暑さ(サンボクトウィ)」と呼んでいる。

今でも狗肉は、朝鮮では高級料理である。体を温めると言われている為に、冬にも好まれて食べられるが、「熱をもって熱を制する」といわれ暑い夏の盛りに温まる狗肉(犬肉)を食べて暑気を払うとされている。

<参考文献>  となりの韓国人  著者:黒田 福美  発行所:講談社     朝鮮歳時の旅   著者:韓 丘庸  発行所:東方出版
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://alohakyubin.blog6.fc2.com/tb.php/18-fcb9d19f

CATEGORIES



bloog ぶろーぐ- ブログ専門検索エンジン&ランキング

ブログランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。